抜け毛対策と予防 > 東洋医学での治療法

東洋医学での治療法について

育毛剤を使ったり、薬を飲んだり(漢方薬以外)して抜け毛の治療をする考え方は広く行われていますが、これは西洋医学の治療法といえます。

東洋医学(中国の伝統がある医学)の考え方は、西洋医学のそういった方法を行うと一時的には抜け毛が止まったり発毛したりしても長期的にみて持続するかは疑問だとしています。

では、どのような治療をするのでしょうか。

抜け毛の原因は内臓にある(特に肝臓)と考えています。

この内臓の働きを正常に戻す事が抜け毛対策にもっとも有効との事です。

針やお灸で頭のツボを刺激する事で、抜け毛の根本的な治療になるというのです。

本来生えているものが抜けるというのは、その抜けている人に何らかの異常があるからなのですから、針やお灸を施すことによって正常な状態に戻す事が出来れば抜け毛は止まるというのは理に適っているといえます。

一般的な抜け毛の初期段階の場合ですと、2ヶ月程の治療で効果が出る方もいます。

頭皮鍼(とうひしん)を行っている鍼灸院で、価格は1回5000円~2万円と価格の違いがあります。

何回で効果があるかは個人の状況により違うでしょうし、この価格が高いと思うか安いと思うのかも考え方は様々だと思います。

もしかすると、沢山ある育毛剤の中から、自分に合った商品を見つける方が高くつくかも知れませんよね。
抜け毛の治療や対策を考えている方は、東洋医学の治療法もある事を頭の片隅に入れておいて損はないと思います。